Pocket

こんばんは。

有酸素運動してダイエットに専念しているけどなかなか成果が出ない。これじゃダメだ!

ダイエットしたいんだけど何をすればいいんだろう?

そんな悩みを抱えている方にお勧めします。最後のまとめには「本当にダイエットしたい」そう覚悟を決めている方へお勧めの短期間ダイエット法をご紹介しておきます。

有酸素運動のやりすぎは実は逆効果。

有酸素運動をやりすぎるとカロリーを消費しないようにしてしまいます。

理由:カロリー消費しないようにしてしまうというのは、有酸素運動をする人はカロリーをたくさん使います。ですが、そのカロリー消費を体が防ごうとしてしまいます。

それには、UCPというたんぱく質(脱共役タンパク質)が関係してきます。有酸素運動を行うことによってUCPというたんぱく質がへってしまいます。

UCPとは?:体温を担っているタンパク質になります。

人間の体は「ATP」をエネルギー源として使っています。

ATPとは?:アデノシン三リン酸というのですがそのATPが分解されることにより生まれるエネルギーを人間の体は利用しています。

そのエネルギー源であるATPを作る際にむだができてしまいます。無駄ができる時に熱が一緒に発生してしまうんですが、その熱を発生させるのが、UCPということです。年を取るにつれ体温がさがってしまいますよね?それは実はUCPが減ってしまうからなのです。

要は、有酸素運動をする際はできる限りエネルギーを有効に使うということがすごく大切になってきます。

どうしても使わないといけない、そういうかたは仕方がありませんがそうでない方はできるだけエネルギーを有効に使うようにしましょう。

有効に使うとは?

エネルギーを有効に使うということが大切になるといいましたよね?

有酸素運動をやりすぎると、ATPを効率的に合成しようとしてしまいます。

要は、合成の時にできる無駄が減ってしまうんです、ということはUCPがいらなくなります。

そうすれば、体温も低下するという現象がおきてしまいます。

じゃあどうすればいい?もちろんそう思いますよね。タイトル通りですが、やりすぎなければいいんです。目安としては週2回くらいで一回の運動を30分前後に抑えると有酸素運動の逆効果には繋がりません。

勘違いしないでほしい、けど多くの人が勘違いしていること。

いたってシンプルな事なのです。

有酸素運動という時間を作らないといけないと勘違いしている人が多いと思います。

それは決してそうではないので勘違いしていた人はしっかりと頭に叩き込んでいてください。

要は、一日30分でいいわけですから、例えば今日犬のお散歩に朝20分行きました。その他で10分ほど歩いたんです。そういう方は、もう有酸素運動やったのと同じくらいの運動量になってしまいますんで、わざわざ有酸素運動の時間を作る必要はないという話になってきます。

簡単な話なのですが物凄くこの勘違いをしている方が多くいます。僕の友人にも多数いてました。

まとめ

有酸素運動をやりすぎてしまうとカロリーを消費しなくなってしまう、挙句カロリーの消費を防ごうとしてしまう。それにはUCPが関係してくる。

有酸素運動をやりすぎるとATPを効率的に合成しようとしてしまうため、できる限り有効に行う。

有酸素運動をやる際有酸素運動の時間を作らないといけないという勘違いしている人が多い。

最後に短期間でダイエットしたい方(本気で覚悟を決めている方)へのご紹介になります。

まず、自己管理ができない人には到底お勧めできるダイエット法ではないのでご了承ください。

では早速ダイエット法をご紹介させていただきます。

VLCD(ベリーローカロリーダイエット)というダイエット法になるのですが

1975年平均100キロ位の世界中の著名な科学者たちを集めて、いいダイエット法がないか。とこの方法を考え実践しました。

結果は平均6.8kgのダイエットに成功したみたいです。

どういう方法かといいますと、1日に370Kcal、それを一週間つずけました。

370Kcalを何からとったか?

それはタンパク質70g,塩6g、肉、魚、プロテインです。

減量すると電解質が減るため、それを補うために、塩を摂取していた。というわけですね。

様々な疑問が相次ぎ1989年追加試験が行われました。

VLCD法でその人のできる限りで行ってもらいました。限界が来たところで+男性は1100Kcal、女性は1000Kcalという減量を半年つずけた結果平均17.8kg減量に成功した。という成功事例があります。

一人の方の成功事例じゃありませんので短期間でどうしてもダイエットしたい。そういう方にはお勧めのダイエット法でした。

見て頂いた方ありがとうございました。