Pocket

 

こんばんは。

トレーニングはどれくらいの頻度で回せばいいの?

トレーニングをして次のトレーニングで疲労がぬけていないな~。

こんな悩みにお勧め記事です。

*初心者の方にも

わかりやすいようあえて

トレーニングという

言い方でひとまとめにしています。

こんな悩みを解決する

記事を書いている

僕は週平均5回

5年程続けています。

実際の経験も

混ぜながら

トレーニング頻度や

疲労が抜けない人への

悩み解決に

お手伝いさせて

いただきたいと思います。

 

トレーニング頻度は週”1回”です

今ここまで

読んでいて

疑問に思うことも

あったのではないでしょうか?

あなたは

週5回やっているのに

なぜ週1回を進めるの?

そう、ここがまず

初心者さんには、

わかっていただきたい

部分です。

トレーニングを

ひとまとめに

してしまうと

筋トレそのもの。

と勘違いする人も

多いはずです。

要するに

5回というのは

各部位を分割し

週5回筋トレを

行っています

ということになります。

じゃあ週1回は?

それが今皆さんが

疑問になっている

頻度と関係してくるのですが

各部位で

基本週1回の

頻度で回すということです。

たま~に、2回行う部位もあります。

実際に僕の一週間のローテーションを紹介

月曜、、、背中

火曜、、、胸

水曜、、、腕

木曜、、、休

金曜、、、肩

土曜、、、足

日曜、、、休

このような

ローテーション

で組んでいます。

2回というのは

体と相談しながら

日曜日に

胸のトレーニングをし

そこから全部ずらす

ような感じなのですが

基本的に

僕が組んだ

ローテーションが

この組み方で

工夫をしながらすぐに

メインローテーションに

戻します。

これも参考に

解説していきます。

週5回も行えない

という方は仕方ありませんが

そういう時はメインの

部位を先に持ってくると

効果的でしょう。

なぜ、そんな組み方にしたの?

背中を週初めに

持ってきたのは

単純な話なのですが

一番不得意で

一番成長させたい

部位、だからです。

火曜日に

胸の背中を持ってきた理由は

大きい筋肉ですが

自分の得意な部位で

なおかつ疲労が

あまりたまっていない

状態で行いたいからです。

水曜日に腕を持ってきた理由は

成長はさせたいけど

ほかの部位が

最優先で

今は考えているので

時間も短く(30分程)

トレーニングを行います。

木曜に疲労を

できる限り

回復させます。

金曜に肩を持ってきた理由は

成長させたい大きな部位。

だからです。

上半身の一番

大きな筋肉は肩。

といった話も

聞いたことがあります。

土曜に足を持ってきた理由は

僕は本業の仕事に

支障が出るため

あまり足には

力を入れていないため

後にもってきています。

さっと済ませたりもします。

日曜も同じく

回復させるか

体次第では行う。

というような感じです。

このような

考え方で

組んでみるのも

いいでしょう。

トレーニングで疲労がなかなかぬけていないな。こんな人へ。

このような方に

多いのが

週に同じ部位を

回も行っていたり

1つの部位に対して

種目やセット数を

行いすぎているという

方が少なくありません。

週何回も

同じ部位を行っている方は

週一回程度に

減らしてください

最低でも一部位

4~5日程度

休ませてあげることが

大切です。

1つの部位に対して

種目やセット数を

おこなっている方

コントラクト種目

ミッドレンジ種目

ストレッチ種目

(POF法)を上手く

組み合わせ行うと

無駄な疲労が

減ると思います。

ちなみに僕は

3,4種目の

10セット前後です。

(あくまでも基本です)

ただし

がむしゃらに

むやみやたらと

重量を上げるのは

控えましょう。

丁寧なフォームで

扱える最高重量で

行うトレーニングも

とりいれてみましょう。

こんな言い方をしたら

怒られるかも知りませんが

皆様のために

言わせていただきます。

今この記事を

見ている方は

おそらく初心者、

といっても過言では

ない方でしょう。

わからなかった事が

この記事である程度

解決できている人が

目を通しているでしょう。

でも今この記事の内容が

理解出来ていなかったら

初心者、といっても

過言でない方たちです。

そこで、

あくまでも

基本というのは

トレーニングに

馴染めば馴染む程、

自分の意思がすごく

出てきます。

それももちろん

理由があっての

自分の意思ですが

POF法だけじゃなく、

例ですが、

極端に理由があって

コントラクト種目に

専念している。

という方がいたりもするので

基本とつけさせていただきました。

まとめ

トレーニングは

週5回やっても

問題ありませんが

各部位週一回

程度にしておきましょう。

考え方を

参考に

自分に合った

ローテーションを

取り入れましょう。

週5回も

おこなえない。

そんな方は

一番メインに

なる部位を先に

持ってくると

効率が良い。

例:今週は3回しか

ジムに行けないけど、

背中をメインに

トレーニングしたい。

背中、胸.腕、肩.足。

僕の今の目的からすると

このような組み方に

なります。ぜひ参考に。

週に同じ部位を

何回もやらないこと。

種目やセット数の改善。

やらないと不安になる。

そんな方もいますよね?

いや、そんな方ばかりでしょう。

だって、、、

僕も僕の友人もそうですから。笑

でもトレーニングには

休む勇気も必ず必要

ですので、勇気をもって

休ませてやってください。

最後に実は

トレーニングは全部位

一日で行うのが効果的。

と言われたりもしています。

正直、

一日でやってしまうと

無理ですよね?笑

気にすることは

ありません!

無理するより

効率良くすることを

優先的に考えましょう。

 

見ていただいた方ありがとうございました。